プロへの道は

プロへの早道を目指すのならこんな方法があります

日本のマンガは、ジャンルの幅が広くストーリーの内容がしっかりと組み立てられているところが、他の国のものとは一味違っています。今や海外へも、日本のマンガは進出し一部はアニメ化し映画の原作としても、使われ広くファン層を掴んでいるのです。マンガはビジネスとして日本経済を、牽引しているといっても過言ではないのです。つまりマンガの世界で成功すれば、日本の国内はもちろんですが国外にも進出できることになります。しかし夢はマンガ家という、目標を持っている人はいても現実は厳しいです。特に高校の勉強をしながらマンガを、書き続けるというのは無理があります。簡単に言ってしまうと、普通の高校に通いながらではプロへの道は遠いのです。

十代でプロデビューは夢ではないのです

もちろんプロの先輩たちの中には、高校も大学も普通に通いながらマンガの修行に勤みながら活躍している人もいます。今でも地道な方法の一つとして、実行されているのです。しかしマンガの勉強をしながら、高校卒業資格を取得できる高校ができてからは、プロへの早道として進学を決意する学生が増えてきています。十代でプロデビューを目指すのなら、マンガ家として必要な科目が七割、普通の授業が三割となっている高校は理想的な環境です。少人数制で、デッサンやクロッキーなどの基礎からキャラクターデザイン、プロットやネームなどの技術的なことまできめ細かい指導が受けられます。講師は現役で活躍中のプロの、指南が受けられるのです。興味を感じたら、マンガ高校で検索してみることをおすすめします。