漫画家で一攫千金

マンガ家のニーズは広い。

昔であれば、マンガ家には貧乏なイメージがありましたが、キャラクターグッズやアニメなどの提携ビジネスの拡大によって、一作当たれば大金持ちになれることもあるので、サラリーマンを目指すよりも、所得が多くなることも夢ではありません。そのために早くから志望に適った勉強をしておくことも有益です。マンガはあなどれないもので、売れっ子になると、一生働かなくても済むような印税所得が期待できます。しかも、昔のように書き続ける必要もなくて、グッズを販売したり、キャラクター商品を売ったりの副収入が莫大なものになります。高校生のころから夢を実現するためにこつこつ努力をしていた人たちがのちのちのクリエーターになっていきます。

高校時代から進路を考える。

マンガを描くといっても現在では多様なニーズがあるので、高校から専門学校に進んでいく方法と芸術大学に入る方法とに分かれてきますが、人気が高いところは狭き門にもなってきます。それとは別に高校時代から昔ながらの投稿で入賞を目指して、連載をつかむ方法ももちろんあります。技術的な面はみな向上した分、とても似通ってきているのも事実です。昔ながらの個性的なマンガを描くことができる人はむしろ希少かもしれません。また出版社も購読者のニーズがどこなのか常にアンテナを張り巡らせているので、自分なりの感性を高校時代から磨くことで、そのニーズに適合させられれば、技術の巧拙よりもテーマそのものが受ける重要な要素となることも否めません。むしろ、型破りな発想が求められているのです。